正直なところ、時間帯によっては診療中に眠くなったりしませんか?

「深夜のテレビが面白くてついつい夜更かしちゃった」
「翌日仕事なのはわかっていたけど眠れかなかった」

そんなときもありますよね。若いうちは無理もできますが、それでも寝不足が続くと仕事中に眠くなってしまいます。

だからといって診療中にこっくりこっくりしているわけにはいきません。アシスタントといえど、細かい器具を扱う歯科医院では危険と隣り合わせです。常に集中力が求められますよね。

しかし、歯科医院の診療は長いです。午後の診療が19時、20時までなんてざら。歯科医院によっては21時まで診療するところもあります。

こんなに長時間も集中して仕事できません。午後の診療が辛いときはどうすればよいか?

おすすめなのが「コーヒーナップ」です。

コーヒーナップとは

コーヒーナップ(coffee nap)とは、名前の通りコーヒーとお昼寝。コーヒーを飲んだ後にお昼寝をするというものです。

コーヒーなどのカフェインを摂取してすぐに仮眠をし、約10~20分で起きるというだけ。たった10分でいいのです。

脳内のアデノシンが眠気や疲れを疲労感を感じさせる物質ですが、カフェインはアデノシンを抑える効果があります。

しかし、コーヒーを飲んでからすぐにカフェインが効くわけではありません。カフェインの覚醒効果が脳に到達するのは約10~20分です。

ですので、コーヒーを飲んでから仮眠をとり、約10~20分で起きます。このタイミングで起きるとすっきりし、午後の仕事が楽になります。

午後も眠くならない!

歯科医院のお昼休みは1時間30分など長いことが多いですよね。その長いお昼休みを利用しましょう。

しっかりお昼の時間をとるためにも診療をオンタイムで終わらせたいですね。診療がのびのびになると他のメンバーのモチベーションも下がりますし、予定が崩れる患者さんも迷惑です。

与えられた時間内で、与えられた仕事をこなす
。それができないのであれば何か別の方法を考えなければなりません。

また、”休みの時間をしっかりとる”ためにも無駄な時間はできるだけ排除して、みんながみんなテキパキ動き、時間通りにこなしていく必要もあります。

オンの時間を楽に過ごすためにも、オフの時間はしっかり休むこと。10分だけでも何も考えず目をつぶっていると意外とすっきりします。

「午後の診療がつらい」そんなときに。楽に仕事ができる、コーヒーナップをぜひ試してみてください。