歯科ディーラーの傍ら、デンタルYouTuberとして一般向けに歯科情報の発信活動もしている、福島翔平さん。(Twitterに飛ぶ)

他にも、VMDインストラクターや介護施設の経営者など様々な顔をお持ちでいらっしゃいます。

デンタルYouTuberってなんだ?!けしからん!
歯科ディーラーってただ材料持ってきてくれる人でしょ??

こんなことを思ってしまった、そこのあなた。きっとこの記事を読み終える頃には上記の印象が変わることと思います。

歯科ディーラー兼デンタルYouTuber、福島翔平さんの正体を暴いていきましょう!

福島翔平(ふくしま しょうへい)
専修大学経営学部卒業。静岡県の株式会社ヒロワールドにて歯科ディーラーを務めるほか、デンタルYouTuberの活動や、業界初となるVMDインストラクターとして物販戦略のサポートを行う。また訪問介護と居宅介護支援事業所も運営しており、介護口腔ケア推進士として歯科との架け橋を目指す。
いくつも肩書きがあるようですが、福島さんは何者でしょうか。

本業は歯科ディーラー。歯科医院さんに行って、材料や機械の納品や説明、ぼくら田舎なので簡単な修理もします。その業務の一環として、VMDという資格を持っているので、物販を展示する面からも歯科医院のサポートをしています。

【VMD:ヴィジュアルマーチャンダイジング】本来はアパレルの方がディスプレイ展示のために取得する資格

さらに介護の会社もやっています。僕自身、学校通って介護の資格もとっていて。多分歯科ディーラーで介護レセプトまで打てるのは僕だけじゃないですか。

 

そして特に力を入れているのはデンタルYouTuber。始めて1年ぐらい経つんですけど、歯科に特化した有名なYouTuberっていなかったんですよ。僕だからできることをやりたかったので、今は一般の人に向けて発信活動しています。

現在YouTubeを利用してる人は圧倒的に多い

日本国内の利用者数(2019.7.現在)
Twitter 4500万人
Instagram 3300万人
Facebook 2800万人
YouTube 8000万人
何よりもYouTubeは一番伝えられると思うんですよ。今やYouTuberって小学生がなりたい職業のひとつなんです。

 

以前、小学校の授業で歯の話をする機会があったんですが、YouTuberとして紹介してもらいました。小学生たちは、「うわ!YouTuber?!すごい!」と喜んでくれます。彼らにとってYouTuberはものすごく神聖な存在なんですよね。

 

その結果、みんな素直に聞いてくれるんです。普段、先生たちがあれだけ言っても聞かないのに、YouTuberというだけでこれだけ夢中になってくれる。今、YouTubeにはそれだけ影響力があるので。


(YouTubeタイトル撮影を絶妙なタイミングで盗撮させていただいた。福島さんのYouTubeはこちら。)

ヒロワールドは新卒からですか?
ヒロワールドの前は一般用の化粧品、日用品、医薬品を卸す商社に入社しました。得意先はみなさんが知ってるような関東の大きいドラッグストア。

 

ヒロワールドは創業30年で親父が建てた会社なんです。親父の力がない自分で勝ち取った職場で働きたかったので内定取ってきました。親父を納得させられるぐらい結構大きい会社です。

元々、歯科には興味なかった

でも親父の代だけで終わらせるのはもったいないと思って。たった一回の人生なので、誰かに雇われてるのではなく、自分で考えてやっていくスタイルのほうが楽しいかなと思って、戻ってくることを決めました。
戻ってきて良かったですか。
正直、「この業界、全然儲からないじゃん」と思ってました。また、大きい会社と小さい会社のできることころギャップがありすぎて、初めの頃はやられてましたね。

 

前の会社は売上高9000億ぐらいでした。それに比べると歯科の領域は価格的にも業界的にも小さい。商談で何百万、何千万のお金が動いていたのに、歯科は1個、何百円という単位で伝票切るじゃないですか。

 

それに、今までサラリーマンだったから会社の資金面とか雇用面の話は全然わからなくて、毎日悩んでいましたね。それがけっこうキツくて…

どうやって乗り換えたのでしょうか。
急にふっと考えを変えられたんです。どれだけ寝て起きたとしても夢ではない。帰ってくる選択をしたのは自分で、誰も責められないじゃないですか。自分が変わらなければ何も変わらないので、見方変えようと思ったんですよね。

 

さらに取引先に勤めてる歯科医師のとある先生に出会って状況が加速化しました。その先生はすごく本も読むし、勉強もしてるし、臨床もかなりレベルが高い。また遊ぶ時はしっかり遊んでいる。そういう姿を見て僕も負けてられない!って思いました。

それが得意先との良い関係ですよね。変にペコペコしてっていうんじゃなくて、お互いがお互いを尊敬して刺激し合えるような関係。今は更に技工士さんも入って三者の視点で一つの症例について話し合うことが増えました。

 

臨床の話は先生達ほど詳しくないですが、使ってる材料の話には必ずなるのでそういうときに僕の出番なんです。「この咬合紙は何ミクロンだから…」と話をすり合わせることができます。成長しあえる関係がいいですよね。そうなると仕事がもっと面白く感じられるんですよ。

大手の歯科ディーラーと真っ向勝負しても敵わない

今はどれくらいの数の歯科医院さんと関わっているのですか。
僕個人が1日にまわるのは技工所さんも入れてだいたい20軒ぐらい。歯科医院に行くときは、ちょっと遊びに行くような感覚があります。歯科医院の困りごとを解決していくような。

 

うちの会社はたまたま歯科の商品を扱ってるだけなんです。商品がほしいだけであれば通販でいくらでも買えちゃうじゃないですか。だから僕らができるのは医院のことをよく見ていき、最終的に材料も売れたらいいなって思っています。そうじゃないとディーラーの価値がない。

 

医院さんによって対応の仕方は違います。商品の説明をしてほしい医院さんもあれば、今日何があったかを聞いてほしい医院さんもあるんですよ。ちゃんと医院のことを見ていたら何を求めてるのかわかるじゃないですか。

歯科医院に対して思うことはありますか。
僕が一番感じるのは院内の人間関係ですね。毎日、何十軒も見てるので、院内の雰囲気の違いをすごく感じるんですよ。雰囲気がいいのと、きついなっていうのは僕らにもわかる。
医院の空気が良いところは圧倒的に、衛生士さん、助手さん、受付の方がみんな楽しそうなんです。さらにそれを院長がバックアップしていて繁盛してる。そういう医院さんは僕らに対しての対応も、ものすごく良いですよ。
やはり周りの方にも伝わってしまうのですね…。衛生士さんとも接することがあると思いますが、「こうして欲しいな」とか求めることはありますか。
僕らを上手く使ってほしいですね。自分の知識だけだと限界があるじゃないですか。ディーラーはほぼ毎週来るので、そういう人たちと上手く関係性が作れておけば新商品が入った時も情報が先に入ってくるかもしれない。

 

普段、衛生士さんがどんなものを使ってるか分かればディーラーとしても提案しやすいんです。自分がやってることとか、やりたいこととか、どんどん発信してほしいです。

ただ、ディーラーさん側も真剣に取り組んでいる方でないとそれはなかなか成り立たないですよね。
それが僕らの強みなんです!!!

 

今後はディーラー業務をオンライン上でやっていきたい

僕は静岡にいますけど、遠くてもいいんですよ。僕はSNSもYouTubeもやってるのでそういったツールを使って話を聞くことはいくらでもできます。

 

実際、僕らが医院に行くのは診療してるときなので、先生とも衛生士さんともちゃんと話せないんです。でも診療終わった後に僕らが全軒行くのは現実的ではない。

 

だから空いている時間を使ってオンラインで話をするのが効率的だと思うんです。必要があれば画面共有して提案することだってできる。そういうのに興味ある人がいたらぜひ言ってもらいたいです。

僕、経営学部卒で商社時代の経験もあるので、物品の売上管理もサポートできます。何がどれだけ売れたかなどすべて分析して院内で共有します。僕が関わっている医院さんで、ユニット2台で先生と衛生士さんだけで回している医院さんがあるんですが、その規模でも年間で約180万くらいの売上です。月換算で15万円。

 

VMDインストラクターでもあるので、物品の内容整理や陳列などの側面からの提案もさせていただいています。僕らとしてもまた歯ブラシが売れる、歯科医院さんとしても口腔ケアにフォーカスできる、患者さんも良くなる、みんないいじゃんって。

YouTube×歯科=福島翔平を目指したい

これからの目標はありますか。
YouTubeから歯科業界を盛り上げるような体制を整えたい。情報発信は業界内でやっていてもやっぱり限界があるんですよね。だから違う風を吹かせてもっと一般の人に広めたいです。

 

歯科は病気にならなくても通うことができる医療機関だから、もっと生活に身近であってほしいんです。ライフスタイルのなかでYouTubeを見る人は増えているので、そこに歯科が関わってきたらそれだけでも変わるんじゃないかな。

ありがとうございました!では、このあたりで取材は終わりに…
あ!最後にひとつだけいいですか。僕、歯科ディーラーの側面から歯科業界を盛り上げたい人と一緒に仕事がしたいんですよ。率直に言うと、一緒の会社で働きたい!笑

 

ただ単に商品を卸すだけのディーラーではなくて、自分の持ってるスキルを使って医院をサポートできる”いなくてはならない存在”にしていきたい。だから現在、会社的なしがらみがあって、くすぶってる人がいるなら声をかけてほしい。

 

歯科ディーラーの側面からも貢献できるので、一緒に面白いこと作っていきましょう!

最後に熱いメッセージ、ありがとうございました!
福島さんとのコラボ動画↓