プロレスラー歯科医師の角 祥太郎 先生の連載、第三弾です。

“クスッと笑えてためになる”歯科衛生士のための記事、どうぞご覧ください。

前回の私の記事「彼氏の苦手な所を延々と見ないふりをしていると破局の危機が訪れるように、歯ブラシの血を無視し続けると健康も破局を迎えるわけです。」という名言。

 

これには「わっ!」とビックリした方も多かったでしょう。えぇ、私もビックリして椅子から転げ落ちました(心地いいほどの自画自賛)

皆さんお元気ですか!ミステリーハンターの向井理です。

 

僕が今回の記事でお伝えしたいことは3つです、それは・・・

  • 世界最大のデンタルショー「IDS」とは!
  • 世界の歯科では今これが「キテいる!」
  • 日本では今からこれが来る!いや、来るね!
この3本です!ンガン・・・・
あっ!ちょっと待ってください!ごめんなさい!真面目にやります!もうしばらくお付き合いください!真面目にお届けいたします!

 

さて今回の「世界ふしぎ発見」は、「夏だ!ビールだ!ビールと言えばドイツだ!」と題しまして、ドイツはケルンで3月に開催された世界最大のデンタルショー「IDS」について。

様々なクイズと共に、皆様とふしぎ発見をしていきたいと思います!

世界最大のデンタルショー「IDS:International Dental Show」

…真面目にやるって言いましたよね?
皆さん、スーパーひとし君の準備はよろしいでしょうか。
聞こえてないのかな?
日立の提供ではありませんが、日立の提供なのかなと思うくらいのミステリーさでお届けします。さぁ早く!乗って乗って!

何に?
ほら!早く乗って!

だから何に?
さて!ここで、クエスチョン!
クイズも急すぎ!

2年に1回、ドイツのケルンで開催されている世界最大のデンタルショー「IDS」、さて一体何社が出展しているでしょうか?
あ、それは気になりますね。500くらい来るのかな?

・・・・・・・はい!坂東さん正解です!
英二?(平成生まれわかる?)

なんと2300社も出展しているんです!
そんなに!

ちなみに前回は2000社で、実は今回は300社も増えて2300社の開催なんですね!
すごいなぁ。
さて!ここで、さらに黒柳さんにクエスチョン!
いるんですか?徹子?
2年後のIDSに出展する企業の数は何社と言われているでしょうか?

・・・・・・。
・・・・・・野々村さん不正解!

え、黒柳さんは?

2年後はなんと、更に300社も増えて2600社と言われているんです!
すごい、歯科の産業って拡大してるんですね。

そうなんです、歯科のニーズは世界的にみたら”拡大し続けている”んです!
急に質問に答えるパターンか。

と「世界ふしぎ発見」テイストでここまでずっと来ましたが、結局何が言いたいかと言いますと「世界的にみて歯科ってイケてるコンテンツなんですよ」ということですね
一言のためにかけましたね、労力と文字数。
さらにクエスチョン!
クイズは続けるんですね。
3月のIDSで一番盛り上がっていたジャンルは何だと思いますか?
スキャナーとかじゃないんですか?
・・・・はい!坂東さん!正解!
英二?
…というのは冗談で、歯科衛生士さんの「セルフケア」「メインテナンス」に関するブースがダントツで盛り上がっていたんです!
わーうれしい!!

世界でも歯科衛生士が健康のキーマン

皆が健康に過ごすためにあるのが医療、健康な人が定期的に通えるのが歯科医療。その健康な人を最前線で管理するのが歯科衛生士。ってことは世界も同じで、歯科衛生士さんが健康のキーマンなんです!世界でも!

 

そうはいってもメインテナンスで歯科に通う人はそこまでいないですよね、欧米の国と違って日本では。日本ではまだまだ歯科のメインテナンス受診率が低いんですよね、だから良いんですよね!チャンス、伸びしろあるんですよ!

やること、できること、めちゃめちゃあるんですよ!
日本人の口腔、欧米人の口腔、基本同じですよ!江戸時代に日本に鉄砲が来た時に、速攻で鉄砲を真似て作る日本人を見て「こいつらやべぇな」って鉄砲持ってきた外国人がビビったらしいですよ。必要と知るや速攻で取り入れる日本人に。

 

これ歯科に関しても同じ流れが来るんじゃないですかね。というか皆で現象を作りましょうよ!

 

口は健康の守衛さんみたいなもんで、それをケアすることが健康の本流というか、皆がハッピーに暮らすための本流なんですよね。

 

書いていたら僕がメインテナンスに行きたくなってきました。

ちょっと今から歯科医院に飛び込みでメインテナンスを受けに行きますので。
…それは困るので予約を取ってから行ってください!

今日はこの辺りで!ではまた!歯科衛生士が未来だ!ありがとうございました!